オリーブ ひなかぜ 7号鉢 苗木 庭木 果樹 常緑樹 シンボルツリー 新品種 在庫1鉢の特価

安心定番商品

¥ 4,400 税込

商品コード: fr0418

関連カテゴリ

  1. 庭用植物
  1. 庭用植物
  2. 果樹
数量

オリーブ ひなかぜ 苗木 庭木 果樹 常緑樹 シンボルツリー 新品種 7号鉢(直径約21cm)、鉢底から高さ約110cm。

  • モクセイ科、常緑小高木
  • 学名: Olea europaea
  • 英名: Olive
  • i>

・特徴:オリーブ(hinakaze、ひなかぜ、ヒナカゼ)は、耐暑耐寒性に優れた新しいオリーブの品種で、日本の気候でも栽培可能です。一般的な品種よりも成長が早く、15センチの幼木が半年で1メートルほどに成長します。葉の表裏で異なるグリーンのコントラストが美しく、萌芽力に優れているので観賞用や庭木のシンボルツリーとしてお勧めのオリーブです。 異なる2品種以上を一緒に植えて結実まで5年程度かかります。
・樹形:グリーンの葉がひと際美しいうえ、成長が早く、枝が直立ぎみに綺麗に出るため、自然とまとまった樹形になります。銀葉種とはちがった、明るい雰囲気のシンボルツリーとして、鉢植えはもちろん、庭植えにも利用できます。

・耐寒性があり関東以西では庭植え可能
・日当たりと水はけの良い場所を好みます。
・酸性土を嫌うので、数年に1度は苦土石灰をすき込みます。
・寒風を受けると落葉するので、北風をよけられる場所にします。
・根が浅いので、台風などで倒れないように、支柱で支えます

・肥料は、オリーブ栽培農家であれば、3月上旬と、開花後の6月上旬、収穫前の9月中旬、同10月下旬の年4回ですが、庭木なら2月と10月で充分です。有機肥料か緩効性化成肥料をやります
・剪定:適期は根が休眠する2月です。実をつけたい場合は、オリーブは今年伸びた新梢に翌年花が咲き実がなるので、必ず新梢を残します。日光や風が内部まで入るように、不用枝や密集した枝は切り落とします

・害虫:オリーブアナアキゾウムシやスズメガの幼虫、テッポムシ(カミキリムシの幼虫)、ハマキムシが付くことがあります。見つけたらすぐ薬剤散布します。予防も大切です。スミチオン乳剤の50倍希釈液を、4月、6月、8月の3回、主幹に散布します。

・病気:炭疽病や梢枯病が出ることがあります。病気になった実や葉は全て取り除き、病気が広がらないようにします。予防法は、常に枯れ枝は取り除き、適切な剪定を行って風通しと日当たりをよくすることです。

・オリーブの栽培は、約6000年前には、現在のトルコ南部・シリア周辺で始められました。その後ギリシャやイタリアへ広まり、今は世界各地で栽培されています。オリーブは実をピクルスや塩漬けにしたり、油を取るための実用作物です。日本では、葉の美しさを楽しむ街路樹、庭園樹として植えられるようになってきました。農作物としての栽培は多くありませんが、香川県以外でも栽培される面積が増えてきました。

お勧めとお願い

・植物ですので朴(幹)の太さ、姿、形、枝ぶりは個々に違います
・プラ鉢の色、形は入荷状況で変わる場合があります。色指定はできません


≪送料のご注意≫
※ご注文時には一旦、購入商品個数に比例する送料(例:商品3個⇒送料3個)が加算されますが、同梱して送料をお安くできる場合は当店からの『ご注文承諾通知』で訂正してお知らせ致します。
※ご注文送信後、2通のメールが届きます。
・1通目はご注文送信後すぐにシステムが送信する自動返信メール(注文確認通知)です。(このメールが届かなかった場合、メールアドレスが変更または間違っているか、迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。ご確認ください。)
・2通目に届くメールが店舗「観葉植物通販のポトス」からの『ご注文承諾通知』ですので暫くお待ち下さい。

観葉植物(インテリアグリーン)のポトス
現在のページを携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。
2020年02月28日