オリーブ(フラントイオ)7号

安心定番商品

¥ 4,374 税込

商品コード: fr0254a

関連カテゴリ

  1. 庭用植物
  1. 庭用植物
  2. 果樹
数量

オリーブ(フラントイオ)は優れたオイル用品種で、植栽用にも向きます




オリーブ。品種:フラントイオ(Frantoio)7号鉢、鉢底から高さ約110cm。モクセイ科、常緑小高木。イタリアのトスカーナ地方をはじめ、アメリカやオーストラリアなど世界各地で栽培されている適応性のある品種です。果実は中型くらいの大きさ(1.5〜2g)で卵型、高品質のオイルが採れます。枝がよく伸びて、旺盛に生育するので、定期的な剪定を施す事で、美しい樹形を作ることができます。葉は銀葉系で先端はとがった形をしています。果実の香りもよく、油の含有率も高く、オイル用としても栽培されます。関東以西では庭植え可能。緑色の葉と、葉裏の銀色が美しく、花も実も楽しめる木です。但し自家受粉はしませんので実をとる場合は、他の品種と一緒に植える必要があります。

≪オリーブ一般≫

日本でも小豆島では農作物として栽培されています。最近では葉の美しさを楽しむ街路樹、庭園樹として植えられるようになってきました。なるべく寒風の当たらない水はけの良い場所を好みます。





オリーブの病虫害



害虫でよく発生するのはカイガラムシです。狭い庭で他の樹木と混み合っていると風通しが悪くなり発生しやすくなります。枝や葉に茶色や黄色のゴマ粒のようなものが着いていたら、腰の強い歯ブラシなどでこそぎ落します。放置すると虫の分泌液にカビが生えて真っ黒になります。殻をかぶったカイガラムシは物理的に出来るだけ除去した後、薬剤散布します。1週間ほど間をあけ2回ほど散布が必要です。幼虫や殻を持たないコナカイガラムシにベニカ水溶剤(住友化学園芸)が有効です。

鉢植えで育てていると、コガネムシなどの甲虫に卵を産みつけられて幼虫に根を食われる害もよくあります。どうも元気がないという場合や、幹がぐらついている場合は鉢から抜いて、根や土をよく調べ植え替えます。

お勧めとお願い

・植物ですので朴(幹)の太さ、姿、形、枝ぶりは個々に違います
・プラ鉢の色、形は入荷状況で変わる場合があります。色指定はできません


≪送料のご注意≫
※ご注文時には一旦、購入商品個数に比例する送料(例:商品3個⇒送料3個)が加算されますが、同梱して送料をお安くできる場合は当店からの『ご注文承諾通知』で訂正してお知らせ致します。
※ご注文送信後、2通のメールが届きます。
・1通目はご注文送信後すぐにシステムが送信する自動返信メール(注文確認通知)です。(このメールが届かなかった場合、メールアドレスが変更または間違っているか、迷惑メールフォルダに入っている可能性があります。ご確認ください。)
・2通目に届くメールが店舗「観葉植物通販のポトス」からの『ご注文承諾通知』ですので暫くお待ち下さい。

観葉植物(インテリアグリーン)のポトス
現在のページを携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。
2019年02月21日